ごあいさつ

line
30代の女優十人で華麗に描きだす、ある30代女性の十年間。2バージョン。

元々は「IN HER TWENTIES」という作品で、一人の20代女性の十年間を20代の女優十人で描いた。今回はその30代バージョン。公演時点で僕は32歳。30代としてはまだ駆出し。人生の先輩でもある女優陣と、どんなものを創れるか純粋に楽しみです。
30代は、それまでの人生においての選択が形になる時期だと思う。
一人一人違うことが、よりハッキリとする。
20代は、ある意味では「最大公約数」的な人物造形がぎりぎり可能だったけど、30代はそうはいかない。僕たちも、どういう30代女性の生き方を選び、描くのか。稽古場でしっかり試行錯誤したいと思ってます。
この「IN HER」シリーズは嬉しいことに僕自身の手から自由に飛んでいく感があって、今回もプロデューサーの笠原さんが働きかけてくれたり、初めての大阪滞在製作になったり、オーディションで選びきれずにダブルキャストになったり、既に、当初は想定もしなかったことで溢れている。本番では更に予想外の奇跡を起こせるよう、頑張ります。とにもかくにも傑作を創りますので、皆様どうぞお楽しみに。

TOKYO PLAYERS COLLECTION
代表 上野友之


この企画が生まれたきっかけは私が2013年1月に「IN HER TWENTIES」の大阪公演を拝見し、直感で「30代の関西の女優さんを集めて同じ作品をやったら絶対面白い」とひらめいたことから始まります。それからはその公演中に上野くんをいろんな褒め言葉で口説き落とし、尻を叩くように芸創エクスぺリメンタルシアターに応募させ、無事に採択され、もう後には引けなくなるとこまで追い込んで、10月に出演者オーディションを行い、11月にはビジュアルの撮影をし、そして、こうしてみなさまのお手元にチラシが届き今に至ります。スタッフのみなさんも30代の女性の方を中心に集めました。30代の女性がワイワイ集まって、一人の30代女性の10年間の物語を作ります。さて、どんな物語になるのでしょうか。上野くんはどんな女性を作ってくれるんでしょうか。20代女性が見たら、30代になるのが楽しみになるような、30代を過ぎた女性が見たらふふっと笑ってしまうような女性が現れればいいなと30代を過ぎた私も楽しみにしています。

2014年1月
プロデューサー:笠原希(ライトアイ)